Callback

X. Callback

X.Timer と X.EventDispatcher からのコールバックの返り値を定義。

Members

static CAPTURE_POINTER

X.UI の uinode でポインターイベントの戻り値に指定すると、以降のポインターベントを独占する。

static NONE

このコールバックでは返り値による操作は無い。

static PREVENT_DEFAULT

DOM イベントのコールバックの戻り値に指定すると e.preventDefault() が呼ばれる。 またフレームワーク内で定義されたデフォルト動作の回避にも使用される。

static RELEASE_POINTER

X.UI の uinode でポインターイベントの戻り値に指定すると、以降のポインターベントを独占を解除する。

static STOP_NOW

以降のイベントのディスパッチを中断する。STOP_PROPAGATION との違いは、次に控えているコールバックもキャンセルされる点。但し system によって追加されたイベントはキャンセルされない。

static STOP_PROPAGATION

上位階層へのイベント伝播のキャンセル。DOM イベントのコールバックの戻り値に指定すると e.stopPropagation() が呼ばれる。

static UN_LISTEN

X.Timer, X.EventDispatcher のコールバックでタイマーやイベントリスナの解除に使用。