X

X

API ドキュメントと併せて、その意図や背景を綴っていく副読本もご覧ください。 クラウド番外地 > ぺったんR API文書の副読本

Example

 // ライブラリは X という名前空間を使用します。
//ショートハンド
X( func ) == X.ViewPort[ 'listenOnce' ](X.Event.XDOM_READY, func);
X('#mydiv') == X.Doc.find('#mydiv');

Classes

XML
XMLList

Namespaces

Array
AudioSprite
Callback
Class
CSS
Doc
Event
JSON
KB
Logger
Number
Object
Pair
Plugin
Script
String
Timer
Type
UA
URL
Util
ViewPort

Members

static 'bootTime' :number

ブートタイム ms

static 'emptyFunction' :function

空の関数

static 'inHead' :boolean

このscriptはheadタグの中にあるか?

static 'VERSION' :string

バージョン文字列:"0.6.xxx"